亀鶴庭とは


  羅漢襖絵のある広間を奥へと進むと、亀鶴庭(きかくてい)と呼ぶ庭園が眼前に広がります。庭には蓮池の他、マツ、もみじ、コケなどを配し、四季折々心を和ませてくれます。

 

  浄土宗で信仰する阿弥陀仏の世界、西方極楽浄土には色とりどりの蓮華が咲いているとされ、鶴亀庭はその極楽浄土を表しております

 

  極楽浄土で暮らす人々は永遠の命を約束されると仏典に説かれております。この世では永遠に生きながらえる事はできませんが、祝い言葉に 鶴は千年、亀は万年” という言葉があります。

 

  鶴や亀が実際に千年、万年生きながらえることはなく、鶴は蔓を表し家系を喩えたもの、亀は家名を喩えたもの。家系と家名が末永くという願い。先祖に感謝し、現世での子孫繁栄を願った言葉であります。

 

  写真中央のマツは、鶴が羽を広げて大空へ飛び立とうとする姿を模しています。亀も写真のどこかに隠れていますよ。

亀鶴庭の四季


瑞  蓮


 

 

  7月から8月にかけての約2か月間、蓮池には白い大輪の蓮の花を目にすることができます。

 

  午後には花びらを閉じてしまいますが、夜が明けると花開き、厳かな白い光を放ちます。その光景を見ると心の垢が洗われるようです。

   

  瑞蓮とは”めでたい蓮”という意味で、一本の茎に2つ(あるいは3つ)の花が咲く場合に瑞蓮と称されます。

 

  左の絵は『植物妖異考』に記載される瑞蓮の解説。通常蓮の花は、一つの茎に一つしか花をつけませんが、稀に複数の花をつけると事があります。瑞蓮が咲くと、めでたい出来事が起こると伝えられます。

 

  玄忠寺ではここ近年、12年に一度の割合で瑞蓮が観測されております。このペースだと次は平成32年に見る事ができそうです。